タナカ金物 ブログ

プロが使う道具を一般の方にもオススメしたい!老舗金物屋のブログ。

暑い夏に向けてクーラーボックスじゃなくて保冷温庫が欲しい!

こんにちわ、神奈川県小田原市にあるタナカ金物のタケダです。

 

日中は日差しがだいぶ暑くなってきましたね。

からだの為には常温の飲み物がいいと聞きますが、

冷たい飲み物を欲してしまいます…

 

 

今日は、マキタから絶賛発売中の保冷温庫のご紹介です。

 

今まで発売されていた

tanaka-km.com

tanaka-km.com

 

CW180/CW001、これらの商品より容量が小さく「7Lサイズ」となり、

全体のサイズも車のシートや床に邪魔せず置ける大きさです。

 

 

7Lと言ってにもどれくらい入るの?と思いますが、

庫内の通常の500mlペットボトル6本収納が可能です。

最近は内容量が多いペットボトル商品も多いのですが、太さがあるものだと4本が限界でしょうか。

庫内はそんなに横幅がなく、深さがあります。

 

幅125mmx長さ190mmのお弁当箱はしっかり入ります。

 



 

-18℃から60℃まで設定可能なので、

飲み物を冷やす・温める以外に-18度で冷やせばアイスも氷も溶ける心配がありません。

職人さんであれば、コーキング剤など冷えて使いづらくなる溶剤なども、

使いたいときにすぐに使える温度にしておけます。

 

 

しかもバッテリーは40Vもしくは18V、どちらかの一個使いでOK。

バッテリーひとつでいいというのは、嬉しいポイントではないでしょうか。

 

バッテリー以外にも、

AC電源にも対応しているので、コンセントのある所はもちろん、

車内はシガーソケットがある環境であれば使えます。

 

仕事用だけではなく!

キャンプでも使える!!

車中泊の相棒としても使える!!!

まさに動く冷蔵庫!!!!

 

 

色はマキタブルー・オリーブの2色から選べます。

 

tanaka-km.com

 

tanaka-km.com

 

 

 

 

 

納期が遅くてごめんなさいm(__)m

こんにちは!タナカ金物の諸星です。

 

現在、ロックダウンや半導体不足、断続的なコンテナ不足の影響もあり

海外で製品を製造していたり、製造が日本でも部品を海外から輸入していたり

製品が完成しても輸送の船に大幅な遅れが出ているなどで

電動工具の入荷がものすごーーーーーく遅れており

みなさまには大変ご迷惑をおかけしております。

 

在庫分を含め大量に発注をしても全く入荷がない状態が続いており

中には2月からお待ちの方もいらっしゃいます...

 

大まかでも納期の目途がたつものは入荷次第出荷させていただく

ご予約注文商品もご用意しておりますのでご注文お待ちしております。

出荷前まではいつでもキャンセル・返金が可能ですので

他の店舗で購入できた!などの際はご連絡いただければすぐにキャンセルいたします。

 

現在、全力で販売できる製品を手配しております!

またこのブログではタナカ金物を知っていただくため

製品だけでなく当店のご紹介などもさせていただこうと思っています。

くだらない内容かもしれませんがよかったら覗いてみてください!

 

タナカ金物公式Twitterでは

最新の入荷状況や新製品などをご紹介しています。

twitter.com

YouTubeも始めました!〇〇〇使ってみた!など更新中です。

www.youtube.com

 

お待たせしておりますみなさま...申し訳ございません!

#タナカ金物#電動工具#マキタ#HiKOKI#MAX#売るものがない!

 

 

 

 

マキタ 充電式草刈機から使いやすいモデルが続々登場!

こんにちは、小田原タナカ金物です。
暖かくなってきて春を感じますね🤗

太陽の光をあびて草たちもグングンと伸びてきているのではないでしょうか💦

雨が降ると草が濡れてしまって機械での草刈りができません。
梅雨に入る前に一度草刈りをしたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、マキタから最近発売された新しい草刈機をご紹介します。
切れ味重視の商品ではなく、エントリーモデルのご紹介です🤗

充電式草刈機を使ったことがない方も、2台目以降の方にも、使いやすくコスパの良い商品になりますので、気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

f:id:tanaka-km:20220412125928j:plain

女性でも使いやすい手軽な充電草刈機

充電式の草刈機が選ばれるわけ

まずは、今、なんで充電式が選ばれているか、お客様からいただいたお声をお伝えしますね。

とにかく簡単。スイッチをいれれば動く!
まず、多くいただく意見が起動が楽ってことです。
エンジン式を使ったことがある方はわかると思いますが、
エンジン式は動かすまでが大変💦
起動させるまえに疲れてしまう。。。なんてことも。
充電式なら、バッテリーをさしてスイッチを入れればすぐに動きます💖

 

電源コードを引っ張ってこなくて良いので楽。
ちょっと、やりたいだけなのにコードを引っ張ってきてと意外と準備が大変でした。
充電式なら電源がない場所でもバッテリーがあればどこでも草刈りができます💖

 

音が・振動が少ないっ

エンジン式に比べると音が静か、振動も少なく、嫌な匂いもしません。
環境に優しいのも嬉しいですね💖

 

燃料を作る手間がいらない、メンテが楽

混合燃料など、燃料を作る手間が入りません。家庭のコンセントでバッテリーを充電するだけ。使い終わったら、燃料を抜くなどの手間もありません💖

 

エントリーモデルってなにがちがうの?

マキタでは、プロの方にも満足して使っていただけるハイパワーの充電式草刈機も多数販売しています。プロではないけれど、草刈機にはなれていて切れ味重視の一般〜セミプロ向けの製品もあります。

今回ご紹介するエントリーモデルとなにが違うのか?
パワーなどの違いや使いやすさなどをご案内いたします。

パワーも値段も違います

エントリーモデルはパワー、大きさ・重さ、値段が大きく違います。
モーターがちがうため、同じバッテリーでも他のモデルの方がハイパワーです。
エントリーモデル以外は、大きさや質量も大きく、広い範囲を草刈りできるようなUハンドルや、傾斜面をやりやすいループハンドルなどハンドル形状を選べるようになっています。

付属のバッテリーも長時間使用できる、容量の大きいものが、充電器も急速型で早く充電できる製品が付属されています。

そのため、相対的にエントリーモデルよりもかなり高額の商品となっています。初めて充電式草刈機を購入される方や、狭い範囲を草刈りされる方には、オーバースペックになってしまうことがあります。

草の切断方法が違う

一般の草刈機には、基本的にチップソーと呼ばれる金属の円盤形状の刃が付いており、回転させながら草を切断していきます。

しかし、ハイパワーで回転のちからが加わると、石などの硬いものにチップソーが当たった時に跳ね返りがあり、跳ね返ってきた刃で怪我をしてしまうなど危険な面があるのも事実です。

そこで、マキタのエントリーモデルでは、多くのモデルでチップソーよりも安全な、樹脂刃やナイロンコードを採用しています。

ナイロンコード式

f:id:tanaka-km:20220412132900j:plain

ナイロンコード式は、コードをムチのように素早く回転させることで、草を引きちぎって刈る方式です。

樹脂刃式

f:id:tanaka-km:20220412132858j:plain

樹脂刃式は、何枚かの小さな鎌のような樹脂でできた刃が回転して草を切断します。

どちらももし、足に当たってしまっても、チップソーのように深く切れてしまうことがないので安全です。

 

他の製品ともバッテリー共通で使える

始めての方にも安全で使いやすいエントリーモデルですが、バッテリーは、マキタの一般向けの草刈機や生垣バリカンともと互換性があります。

そのため、初めの1台はエントリーモデルを購入されて、もっと本格的なモデルに移行したいと思った時に、バッテリー・充電器などを一式揃えなくても、草刈機本体のみの購入で使用できます。

f:id:tanaka-km:20220412140708j:plain

他のモデルでもバッテリーが使える



おすすめのエントリーモデル商品

マキタでは、様々な種類のエントリーモデルの草刈機を発売していますが、
上でもご案内させていただいたように、以下の観点でお勧めの商品をご紹介させていただきます。

 

1.他のモデルとバッテリーの互換性が高い

2.初めてでも使いやすい

3.比較的新しい機種

f:id:tanaka-km:20220412145654j:plain

エントリーモデルお勧めの3種

 

MUR193D(ナイロンコード専用・一番お手軽なタイプ)

安心のナイロンコード専用

標準付属で花形ナイロンコードがついた、ナイロンコード専用の充電式草刈機です。
ナイロンコードのみの専用設計のため、軽くて値段もお手頃です。

ナイロンコードだから障害物が多い場所も安心です。

庭木周りや縁石、階段の草刈りなどにお勧めです。

f:id:tanaka-km:20220412151738j:plain f:id:tanaka-km:20220412151735j:plain

長さ調整可能、楽な姿勢でタップリ刈れる

f:id:tanaka-km:20220412151733j:plain f:id:tanaka-km:20220412151731j:plain

作業する方の身長に合わせて、草刈機の長さが調整可能です。
腰をかかめずに草を刈れるので長時間の作業でも楽にできます。

 

使いやすさを極めた 2.4kgの軽量設計

草刈機の長さはもちろん、ヘッド部の角度や、ループハンドルの角度、
先端が180°に回転して際刈りに対応など使いやすさを追求した設計になっています。

重さも2.4Kgと軽量で女性でも使いやすい製品です。

f:id:tanaka-km:20220412162016j:plain

使いやすさを追求

tanaka-km.com

tanaka-km.com

MUR194D(エントリーモデル唯一の金属刃仕様 )

金属刃だから硬い茎の草もスピード切断

エントリーモデルで、唯一標準付属で金属の刃が付いている草刈機です。

茎の太い草や硬い草などが多い場合はこの製品がお勧めです。

別売の商品を購入すれば、先端をナイロンコードや樹脂刃にも変更できますので、
縁石が多い場所は、ナイロンコードなどのご使用をお勧めします。

f:id:tanaka-km:20220412162810j:plain f:id:tanaka-km:20220412162757j:plain

長さの調整ができないので、バンドの位置が調整可能

草刈機の長さ自体は調整不可のため、肩かけバンドの位置を調整して自分に合ったバランスで使用することができます。

 

f:id:tanaka-km:20220412162806j:plainf:id:tanaka-km:20220412162803j:plain

別販売品でナイロンコード仕様や樹脂刃仕様に変更

別販売品の購入で、ナイロンコード仕様や樹脂刃使用に変更ができます
金属・樹脂・ナイロンコード兼用のプロテクタがついているので、プロテクタはそのまま、様々な刃やコードをご使用できます。

f:id:tanaka-km:20220412164948j:plainf:id:tanaka-km:20220412164946j:plain

高速パワフル回転と低速回転の2段切り替え可能

スイッチひとつで、高速と低速の切り替えが可能です。
庭草は低速モードで、公園や空き地などの手強い草は高速モードなど切り替えてご使用できます。

軽量2.5Kgで女性でも使いやすい製品です。

f:id:tanaka-km:20220412162759j:plainf:id:tanaka-km:20220412165900j:plain

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

 

MUR189Dシリーズ(機能充実、少しランクの上の草刈機)

選べる樹脂刃仕様とナイロンコード仕様の製品

MUR189Dには、標準付属で
樹脂刃が付いている製品とナイロンコードが付いている製品があるので、
よく使用する方を選んで購入することができます。

 

f:id:tanaka-km:20220412171243j:plainf:id:tanaka-km:20220412171236j:plain

ワンタッチで長さが調整可能

草刈り機の長さがワンタッチで調整可能。
ハンドルの位置も調整できるので、使いやすいバランスと長さで使用することができます。

f:id:tanaka-km:20220412171240j:plain

多機能でも手元のパネルで操作は楽々

f:id:tanaka-km:20220412171234j:plainf:id:tanaka-km:20220412171238j:plain

電源ボタンはもちろん、その他の昨日も手元のパネルで簡単操作

絡み付いた草を簡単除去する、からみとり機能

高速・中速・低速・楽々モード切り替え。

楽々ロングドライブモードなら、草の密度で自動で変速し

省エネ&低騒音。たくさんの草を刈ることができます。

 

MUR189D【樹脂刃使用】

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

MUR189D【ナイロンコード使用】

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

MUR189D用別販売品

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

 

マキタ CL003Gみたいなサイクロン一体式の18Vのクリーナー

今回は、マキタ充電式クリーナーで話題のサイクロン一体式について、付属品なども続々と入荷してきましたので、続報です。

 

18Vのクリーナーもサイクロン一体式にできる⁉︎

マキタ充電式クリーナーからサイクロン一体式が新登場しました。

サイクロン付でもコンパクトで音も静か、ソファーの下などの掃除が格段にしやすくなりました。

しかし、現在サイクロン一体式の製品は、40V対応のCL003Gのみとなっています。

 

「すでに持っているのマキタの18vのクリーナーをサイクロン一体式にしたいな〜」

 

「18vで揃えているから、サイクロン一体式もほしいけどな〜」

 

と、いう方に朗報です。

18Vのクリーナーもサイクロン一体式にできるんです!!

マキタがサイクロン一体式にする部品(サイクロンユニット)を発売しました。
本日入荷してきましたよ〜。

紙パック式のクリーナーは、残念ながらこのサイクロンユニットを購入してもつけることができません。😭(ガックシ)

14.4V以上のカプセル式のクリーナーは、カプセル部を外してサイクロンユニットをつけるとなんと、、、サイクロン一体式になります!!!🤗

サイクロンユニット

パイプロック対応機種ならしっかりつきます

ロック付の製品になりますので、つけるクリーナーがロック式ではない場合はストレートパイプが抜けやすいのでご注意ください。

その場合は、ロック付のストレートパイプをつけていただくとしっかりついて抜けにくいです。

パイプロック対応機種

  • CL001G
  • CL281FD
  • CL280FD

パイプロック非対応機種

  • CL181FD
  • CL180FD
  • CL141FD
  • CL140FD

 

カラーは、ホワイト、オリーブ、そしてマキタブルーの3色があります。

 

 

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

tanaka-km.com

これで、40Vを買わなくても
サイクロン一体式のクリーナーが手にはいりますよ!!

 

#マキタ

#充電式クリーナー

#CL003G

#18Vのクリーナーをサイクロン一体式に

 

マキタ CL003G 新型充電式クリーナーが発売されました!

マキタから新型充電式クリーナー CL003Gシリーズがついに発売されました。

このブログでは、今までのマキタのクリーナーとの違いや良い面・悪い面などを含めてご紹介させていただきます。

 

f:id:tanaka-km:20220324150950j:plain

CL003Gはマキタ充電式クリーナーで初のサイクロン一体式

マキタ充電式クリーナーには、さまざまな種類の商品がありますが、
大きく分けると「紙パック式」と「カプセル式」に分けることができます。

CL003Gは、このカプセル式の派生になる「サイクロン一体式」になります。

f:id:tanaka-km:20220324152708j:plain

カプセル式/紙パック式/サイクロン一体式
  • CL001Gシリーズ・・・カプセル式
  • CL002Gシリーズ・・・紙パック式
  • CL003Gシリーズ・・・サイクロン一体式

マキタの充電クリーナーは、電動工具に使用される高出力のバッテリーを使用した
高い吸引力が人気です。
しかし、いくら吸引力が高くてもフィルタや紙パックが目詰まりを起こすと途端に吸引力が弱くなってしまいます。
そのため、紙パックのまめな交換やフィルタのお手入れなどが必要でした。

そこで、開発されたのが「サイクロンアタッチメント」でした。

人気のサイクロンアタッチメント

f:id:tanaka-km:20220324152802j:plain

サイクロンアタッチメント

このサイクロンアタッチメントをつけることで、
目詰まりを起こしそうな細かいゴミを分離することで
フィルタや紙パックの目詰まりを予防し
高い吸引力を長持ちさせることが可能になりました。

これは人気商品となり、最初は後付けの部品として発売されましたが、
現在はサイクロンアタッチメントが最初からついたセット商品が販売されています。

サイクロンアタッチメントのデメリットを解消

サイクロンアタッチメントにゴミが溜まることで、紙パックの交換は約1/6に軽減。
吸引力の低下も防げるとのことで人気のサイクロンアタッチメントですが、
なにせ、大き・・・すぎるんです。毎回ゴミを捨てられるのでそんなに大きくなくてもいいのではとは思うんです。
保管時にも場所をとるし、狭い部分の掃除ができない。。。

CL003Gサイクロン一体式では、カプセル部にサイクロンをつけることにより、
サイクロンアタッチメントの出っ張りがなくなり、
ソファーの下などの狭い場所の掃除も可能となりました。

f:id:tanaka-km:20220325144339j:plain

狭い場所も楽々

 サイクロン一体式 CL003Gのデメリット

吸引力が落ちにくくなることで人気のサイクロンアタッチメント。
さらに、その弱点であった大きさのデメリットを克服したCL003G。

じゃあ、一番良い製品なのかというそこにはそれなりの弱点もありました。

集じん容量がすくない

集じん容量とは、つまり、ゴミを貯めておける容量のことですね。
サイクロンアタッチメントが大きくて邪魔だから、小さいしてサイクロン一体型にしたので、当たり前ですが容量はかなり小さくなっています。

■紙パック式

 紙パック+サイクロンアタッチメント=500mL

■カプセル式

 カプセル部+サイクロンアタッチメント=730mL

■サイクロン一体式

 サイクロン部のみ=250mL

 

ということで、紙パック式の半分、カプセル式と比べると約1/3とかなり少なくなっています。まめにゴミをすてていただければ、大丈夫かなとは感じています。取り外しもワンタッチで簡単になっていますので、そこも問題ないと思います。

 

最大吸引仕事率はすこし低い

サイクロン部があることで、サイクロンがない製品と比べると吸引仕事率が少し低くなっています。外付けのサイクロンアタッチメントは、外して使っていただくことで掃除機本体の持つ最大の吸引力を出すことができますが、一体型のCL003Gは外すことができないので、常に少し吸引力の弱い状態で使うことになります。

■紙パック式

 125W

■カプセル式

 125W

■サイクロン一体式

 100W

しかし、サイクロン無しで使用した場合は、最初は吸引力が最大の力が出せますが、フィルタの目詰まりなどで、吸引力が落ちてしまいます。そのため、サイクロン有りの方が吸引力が高い状態を長く保てるためフィルタのお手入れをマメにされない方は、サイクロン式の方が良いかもしれません。

f:id:tanaka-km:20220325144715j:plain

持続する高い吸引力

 

基本スペックはさすがのマキタのクリーナー

ここまで、CL003Gと他の種類のクリーナーを比べてきましたが、マキタの充電式っクリーナー40V対応シリーズの基本的なスペックを確認したいと思います。

使いやすいワンタッチスイッチと4モード

f:id:tanaka-km:20220325150335j:plain

エコ・標準・強・パワフルに4段階に吸引力を調整可能です。
どのモードを使っているかは、LERライトで視覚的に確認できます。

スイッチを入れる前にモードを確認できるので最初から必要な強さで吸引できます。
吸引力が強くなるほど、音も大きくなるので、夜間の掃除などは弱モードやエコモードに合わせてからスイッチをONにすると周りに配慮できます。

また、前回使ったモードを記憶してくれるので、いつも使う強さがあるかたも毎回モードを変えずに使用できます。

新しくなったノズルなど使いやすさがいっぱい

ノズルが新しくなり、弱い力でおしてもスムーズにヘッドが動いてくれるようになりました。また、ノズル可動部の改良により、スムーズな動きと風の流れを実現しました。

パイプには、ロックがついて思わぬところでパイプが抜けてしまうことがなくなりました。

フィルタの固定もさらに楽に。差し込むだけで取り付けできます。

 

 

f:id:tanaka-km:20220325150332j:plain暗い場所でも見やすいライト付き

照明のない現場での清掃も想定しているので、スイッチを入れると自動でライトが点灯します。スイッチを切ると少ししたら自動で消灯。
暗い場所や狭い場所なども見やすく照らしてくれます。

f:id:tanaka-km:20220325150327j:plain

テーブルの上の掃除にも

長いノズルを外せばばたなやテーブルの上など高い場所の清掃も楽に行うことができます。T字ノズルを付けなくても吸い込みやすい形状になっています。

f:id:tanaka-km:20220325150330j:plain

CL003Gシリーズはぜんぶで4種類

 

f:id:tanaka-km:20220325154643j:plain

本体のみの製品とバッテリ充電器付の製品

CL003Gシリーズには、バッテリと充電器が付属した製品本体のみの製品があります。マキタの製品は、同じボルト数(V)ならバッテリーがほとんどの製品で互換性があり、使いまわせるため、バッテリーと充電器をすでに持っている方は、価格の安い本体のみを購入することで使用ができます。

 

さらに、カラーがホワイトとオリーブの2種類あるので、全部で4種類の製品があります。

バラバラで購入するよりもお得なセット品

バッテリーと充電器がセットになっている製品は、本体とバッテリーと充電器をそれぞれ購入するよりもかなりお得になっています。

もし、まだバッテリーなどをお持ちで無い方はこちらのセット品を購入されることをお勧めします。また、T字ノズルやスキマノズルなど、付属品は本体のみの製品と一緒です。

tanaka-km.com

f:id:tanaka-km:20220324150925j:plain

tanaka-km.com

f:id:tanaka-km:20220324150923j:plain

すでにマキタ沼に浸かっているかたは本体のみ

すでにマキタ40Vmax製品をお持ちで、バッテリーや充電器を所持されている方は、本体のみの購入でお使いいただけます。

tanaka-km.com

f:id:tanaka-km:20220325155756j:plain

本体のみ

tanaka-km.com

f:id:tanaka-km:20220325155923j:plain

本体のみ/オリーブ

 

マキタ 充電式ランタン付ラジオ MR008G

マキタから充電式ランタン付ラジオが新登場!

マキタから仕事にも遊びにも活躍するランタン付きラジオが新登場しました。
防じん・防滴対応、ランタンにも懐中電灯にも使えるアウトドアにも災害時の備えとしてピッタリの商品をご紹介します。

 

f:id:tanaka-km:20220302134012j:plain

 

アウトドアでも活躍間違いなし

コードレスだから電源がない場所でも使用ができます。
防じん・防滴機能が付いているので、屋外での使用も安心。


ラジオを聴きながらゆっくりとした時間が過ごせそうです。
キャリーハンドルがついているので、テントなどに吊り下げての使用も可能です。

f:id:tanaka-km:20220302134728j:plain



f:id:tanaka-km:20220302134735j:plain

f:id:tanaka-km:20220302134738j:plain


1つのバッテリーでラジオとランタンが両方使用可能

f:id:tanaka-km:20220302134750j:plain

1つのバッテリーでラジオもランタンも使えるので、アウトドア以外に災害時の備えとしても重宝します。上面はフラッシュライト(懐中電灯)になるので、突然の停電などにも非常に便利です。

さらに、上面のライトは点灯と点滅を切替え可能です。

ランタンの光が3段階に調光できる

ランタンは、光の色を3段階にかえることができるのでその時の雰囲気にあわせることができます。

f:id:tanaka-km:20220302134757j:plain

3段階調光

暖色・・・2,500ルーメンとくつろぎに最適な色と明るさになっています。

中間色・・3,500ルーメンの明るさで目に優しい中間色です。

昼白色・・5,000ルーメンとダントツの明るさクッキリ・ハッキリ見えます。

 

昼白色は、5,000ルーメンとあかるいので、現場のライトとしても活躍。

 

f:id:tanaka-km:20220302134745j:plain

ラジオが聞ける・USBの充電もできる

ラジオはAM/FM(ワイドFM)対応です。
プリセットで各9局が登録済みです。
液晶デジタル表示で見やすいです。

USB機器が充電できるのでスマホなどのバッテリー切れにも対応。
(充電ケーブルはついていません)

 

f:id:tanaka-km:20220302144634j:plain

 

今なら在庫ありますのでご注文もお待ちしております

tanaka-km.com

tanaka-km.com

 



 

 

 

マキタ 40V充電式ポリッシャ PV001G をもっと詳しく

マキタから40Vの充電式ポリッシャPV001Gシリーズが発売されました。

ポリッシャーとは円形のパッドをモーターの力で回転させて研磨をする電動工具のことです。主に車の表面の研磨などに多く使われています。
今回発売されたのは、マキタのポリッシャの中でも最大の大きさの180mmです。この大きさをモーターで安定して回すのに40Vの力が発揮されるんですね。
また、このポリッシャはシングルアクションになります。どちらかと言うとプロ向けのポリッシャになります。

f:id:tanaka-km:20220125100904j:plain

40Vのパワーが実現する180mmのパッド

まず、特筆すべきはその大きさですね。充電式のポリッシャで180mmはなかなかない大きさです。125mmが主流ではないでしょうか。一方AC100V(電源)で動くポリッシャは180mmが人気です。やはりこのくらいの大きさが必要ということでしょう。

面積が増えれば、摩擦も増え負荷も高くなります。マキタ40VmacシリーズはAC100Vに匹敵するパワーがありますので、充電式でも180mmのポリッシャが可能になったのではないかと思います。

負荷に強く回転数が落ちにくい

40Vのパワーを備えたことで、負荷に強いポリッシャが誕生しました。
実際にシングルアクションのこの大きさポリッシャを使われる方は、基本的にガンガン傷を落としたい的な目的で使われる方が多いと思います。求められるのは、負荷に強く回転数が一定を保てるポリッシャかなと思います。

マキタもそこを重要視して開発しているようですね。「定回転制御」機能といい一定の回転数を保つような機能がついています。また、スイッチONをロックする機能もついていますのでスイッチをずーっと抑えていなくても回転を続けてくれます。

f:id:tanaka-km:20220125100927j:plain

f:id:tanaka-km:20220125100909j:plain

優れた防水・防じん機能

PV001Gシリーズには、安心の防水機能がついています。日本工業規格・JISで定められた防水等級IPX6を取得しています。また、バッテリーは他の工具にも使用できるため防じん機能もついており、防水・防じん等級IP56を取得しています。

防水等級5は、いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けないとの規定がり、そのテストは、3mの距離から全方向に12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、3分間となっているそうです。

 

f:id:tanaka-km:20220125100932j:plain

優れた防水機能

使いやすさを追求した設計

PV001Gは、力をダイレクトに伝えたい時に持つヘッド部分と、角度を変えられるループハンドルの2箇所の持ち手があります。これにより、様々な角度でも安定した研磨が可能です。本体胴体部は細く持ちやすくなっています。

スピードが調整でいるダイヤルが持ち手のすぐ上についているので作業しながらスピードを変更しやすくなっています。また、トリガーの弾き加減でさらに回転数を細かく調整できます。600~2,200と低速から高速まで対応しています。

f:id:tanaka-km:20220125100916j:plain

 

PV001Gシリーズの説明をしてきましたがいかがでしたでしょうか。
プロ向けの商品となりますので、爆発的に売れそう!という感じはしませんが、待っている人はいらっしゃる充電式の工具になると思います。

車の研磨ってやはり様々な角度で行うので取り回しが大変重要ですよね。やっぱり充電式ってポイント高いと思います。さらに防水等級IPX6取得なので、めちゃめちゃ水を使う現場でも安心して使用できますね。

 

現在、セット品はわずかですが在庫ありです。本体のみは、入荷待ちです。2月ごろには入ってくるのでは。。。と思いますが、なにせ現在コロナの影響で半導体不足、働き手不足で製品の納期がダダ遅れな状況です。
製造数もいつもよりも少ないみたいなので、検討中の方は予約注文がおすすめです。
発送前でしたらいつでもキャンセル可能ですよ。

 

マキタ充電式ポリッシャPV001Gシリーズ

回転数:600~2,200回転/分
本機寸法:516×196×195mm
質量:3.2kg
標準付属品:パッド165・ウールパッド180(曲面用)・スリーブ18・六角棒スパナ

 

tanaka-km.com

tanaka-km.com

スポンジパッドは標準でついていませんのでこちら。

 

tanaka-km.com

平面研磨用のウールパッドはこちら

tanaka-km.com